比企・奥武蔵CYCLE情報局

埼玉県の比企郡地区、奥武蔵地区などのグルメ・ルート・見どころ情報などをまとめていきます。投稿ボランティアも随時募集中〜!

比企・奥武蔵CYCLE情報局 イメージ画像

更新情報

小川町は、「道の駅 おがわまち」の近くにある食堂「うさぎ庵」です~。 観光重視の食堂というよりは、地域の人が行くような感じのお店。うどんやそば、カツ丼などを取り扱っているようです。 駐車場も広めで、店舗内も広いので、結構入りやすいお店だと思います。
『「うさぎ庵」~メニューが豊富で無難なお食事処~』の画像

荒川サイクリングロードを北上して平坦の目的地になることの多い寄居町の鉢形城公園 。その鉢形城公園の近くにある小松庵 鉢形茶屋 。国内産の厳選された蕎麦を石臼で 丁寧に挽くことで、蕎麦本来の風味をいかした蕎麦ができる。うなぎとセットでランチで 1500円。
『「小松庵 鉢形茶屋」~荒川の風景が楽しめる~』の画像

ここ数日、ぎっくり腰のため安静にしていなきゃいけない私です…。 このブログを毎日更新していますが、溜め込んでいるネタを食いつぶしそう。 と、気を取り直して今日紹介するのは、「四方吉(よもきち)うどん」です。比企郡吉見町と東松山市にあるうどん屋さんで、コシの
『「四方吉うどん 吉見本店」~このボリュームはヤバイ!~』の画像

その昔、嵐山町は「武蔵長瀞」と言われるような渓谷が有名でした。 しかし、昭和3年に本多博士が槻(つき)川の下流にある槻川橋より渓谷の景観が京都の嵐山(あらしやま)に似ているとのことで、武蔵の嵐山、つまり「武蔵嵐山(むさしらんざん)」と名付けられたそうです。
『「嵐山町名発祥之地の碑」~京都の嵐山(あらしやま)からインスピレーション~』の画像

嵐山(らんざん)渓谷、槻(つき)川にある冠水橋です〜。 大平山のふもと、槻川が蛇行するあたりにかかっている冠水橋で、アクセスするには石階段(しかも濡れていること多し)なので、ロードやSPD-SLで行くのはおすすめできません。せめてSPDぐらいですが、それでも滑りや
『「塩沢冠水橋」~リアルでコケかけました スニーカー推奨~』の画像

吉見町にあるガーデンセンター「サニベル」の敷地内にある小さな喫茶店です〜。 ここはいちごの名産地として有名な場所で、一番の注目ポイントは「こいいちご」というスイーツ。凍らせたいちごをかき氷状に砕いて、練乳やシロップで甘くしたもの。 いちごはあまり甘くない(
『「ハッピータイム」~こいいちごを食べるならココ!~』の画像

吉見総合運動公園の管理事務所(サイクリスト的には吉見の休憩所)から荒サイで北上すると登場する、赤い橋がこれ。 日本一の長さとなる水管橋(水道の橋)で、長さは1,100.95mで、昭和59年7月に完成したそうです。
『「荒川水管橋」~地味に日本一~』の画像

↑このページのトップヘ