DSC_0211
越生(おごせ)町、越生梅林前の県道61号線を南下していくと、T字路になります。
左に行くと林道 笹郷線なのですが、右に行くと黒山三滝という場所に行きます~。
ということで、今回は黒山三滝。

ここは距離は短いのですが、平均勾配6%程度の勾配を楽しめます。しかし、観光客が多く、道もあまり広くない+路面状況も良いわけではないので、ヒルクライムというよりは、ゆっくり森林浴を味わうような感じで上るとよいと思います。

おおよそ1km弱を上ると、自転車で行ける場所は一旦終了(売店まで行けますが、道が悪いためやや危険)。
黒山三滝の男滝(おだき)と女滝(めだき)に到着です。

DSC_0223
滝へ行く途中の道沿いには、越辺(おっぺ)川源流部の三滝川が流れています~。源流部だけあって、山奥の小川といった雰囲気ですね。
なお、道中は散策路となっていますが、滑りやすい場所もあるのでSPD-SLそのままは、やや危険ですし、クリートもごりごり減っていきます。
できればクリートカバーや、シューズをSPDにする、またはいっそ持ち運び用運動靴を用意するのが良いと思います。

DSC_0224
途中にはちょっとしたハイキングコースもあり、散策できるようになっています。
この赤い橋を歩いて行くと天狗滝があるようです(この先は行っていないので違っていたらゴメンナサイ)。

DSC_0226
男滝、女滝近くには石段があり、これを上ると、ダイナミックな滝を間近に見て取れます~。ただ、滑りやすいので注意。

DSC_0227
DSC_0243
この場所の歴史では、今から600年以上前に関東修験道の拠点としたそうです。
この付近にある鉱泉が発見されたのは明治期で、その後観光地として整備されたそうですね。

DSC_0237
男滝(上)、女滝(下)をこのように見て取れます。
男滝は落差11.2m、女滝は落差4.5mと、ひとつひとつは大きな滝ではありませんが、2つの滝が連なって合計15m程度のそこそこ大きな滝になっています。
ちなみに滝の下には赤い橋がかかっていますが、これは夫婦橋というそうです~。

DSC_0240
IMG_3600
この辺りの源流(三滝川)は、水が非常に綺麗ですね。
なお、紅葉の名所だそうですので、11月あたりに足を運ぶと綺麗な風景と出会えそうです。

IMG_3599
ちなみにサイクルラックはないので、自転車はこのように置いていきますが、フレームやディレイラーにキズを付けないよう注意。少人数かつ閑散期であれば、滝まで押して持っていったほうが良いかもしれません。

気持ち良い森のなかを散策でき、水場が近いので涼しい場所です。
夏場のサイクリング目的地として設定しても良いかもしれませんね。

黒山三滝の動画です(2015年6月7日撮影)


黒山三滝(天狗滝の橋あたり)から駐車場までの下りはこのような感じで、道幅はあまり広くありませんが、気持よく森林浴を楽しみながら走れます~。


黒山三滝
サイクルラック:なし