DSC_0892
嵐山町と鳩山町を結ぶ、旧鎌倉街道にある峠がこの「笛吹峠」です。
1352年(正平7年)、新田義宗(新田義貞の三男)と足利尊氏の最終的な決着がついた「笛吹峠の戦い」が行われた場所でもあります。そのためか、この場は心霊スポットとしても有名。
まぁ、ここのみならず戦場とされた場所にはその手の話題がつきまといますが…


サイクリスト的には、近年舗装されなおされ、路面も極めて綺麗です。
また、嵐山側全長約1kmのヒルクライムのうち、斜度がややキツ目なのは200m~400mの約8%。それ以外は、ゆるい斜度どころか、途中にはくだりもある、初心者にも極めて走りやすい峠となっていて、シティサイクルでも少し頑張れば制覇できます。

DSC_0890
路面も綺麗で、斜度もなだらか。ロードバイクやクロスバイクに乗り慣れている人には「え、もう終わり?」と思わせてしまう峠です。
しかし、木々の木漏れ日など雰囲気は峠そのもの。

DSC_0895
もっとも標高が高い80m地点には、石碑があります。
一応「峠」と名付けられているので、人生初の峠制覇としても最適です。

DSC_0893
笛吹峠の由来や歴史が書かれた看板もあります。笛吹峠の戦いで敗れた新田義宗軍に居た宗良親王が月明かりに笛を吹いた場所といういわれがあるそうです。
そのため、笛吹峠だそうです~。

DSC_0898
DSC_0899
山頂部では見晴らしは全くなく、雑木林がうっそうとしているだけです。
しかし、休憩用のあづまや、トイレ、駐車場があるため休憩にも良さげですね。

峠というよりも、通り道や丘という認識が強い場所ですが、初心者の練習にも良い場所だと思います。

クリップボード01
クリップボード02
笛吹峠のコースプロフィールです。とってもヌルい峠で、この近辺では攻略難度は最も低くなります。

笛吹峠のルートラボです。


笛吹峠の走行動画です。
※距離が短いため、「縁切橋」からスタートしています。


笛吹峠(嵐山側)
距離:約1km
平均勾配:約3.6%
難度:初心者向け
路面状況:極めて良い
交通量:少しあり