DSC_1504
明覚駅の信号を白石峠/松郷峠方面には行かず、白石峠方面を見て右に曲がり、道なりに走ると到着するのが、「森林管理道(林道) 雲河原線」です。通称では「横松郷」と言われているそうですが、正確には「松郷峠の序盤を横にそれると来る道」という感じでしょうか。つまりこの道でも松郷峠へのアクセスが可能です~。

明覚駅から道なりに走って行くと、左側に石碑がいくつか並んでいる場所があり、その先が坂になってきます。そのあたりから、雲河原線ヒルクライムという感じとなります~。

DSC_1497
正式な雲河原線はもう少し先ですが、すでに上りはスタートしています。最初から7%以上の斜度のため、負荷がかかります。

DSC_1498
路面状態はそれほど悪くありません。しかし雨が降った翌日などは樹の枝などの落下物が多いので注意。ちなみに、車の通りもほとんどありませんので、かなり走りやすいです。

DSC_1499
中盤までは写真のような森林地帯を走るので気持ちいい…と思いきや、斜度があるので私のような貧脚にはキツイ…。
少しだけ斜度が5%ぐらいになるエリアがあるため、そこで一息入れますが、すぐに8%以上の勾配が待ち構えています。

DSC_1500
つづら折りの場所を抜けると、いきなり景色が開けます~。ここからの見晴らしは気持ちいいですよ。私も「撮影」という名の休憩をしました!(さ、撮影のためです;;)
夏場はここらでいきなり日差しの洗礼を受けるので、体温が上昇してしいまいキツくなります。

IMG_4119
道幅はそれほど広くないので、車が通るときは要注意です~。(林道規定 自動車道2級ですね)

DSC_1501
チームでのヒルクライム練習にも使われているようで、私が足を運んだ時には多くのサイクリストが上っていました。

DSC_1502
距離にして2kmと少しなので、インターバル練習にも最適なのかもしれませんし、6km以上続く白石峠よりもヒルクライム練習に向いているのかもしれません。
最後は平坦になって終了ですが、ここから先の松郷峠に降りる場合は結構な激坂を下りますので注意です。

そこそこの斜度があるものの、路面も悪くなくて車の往来も少ない、観光客がまず通らないという練習に良さげな道です。しかし、全体を通して8%近い急坂のため、初心者にはあまりオススメできないです。
途中の開けた場所は見晴らしが良いので一見の価値アリ。

雲河原線のコースプロフィールです~。
クリップボード03
クリップボード01
前半からそこそこの斜度があり、中盤に斜度がゆるみます。しかし、最後に10%クラスの勾配があるため、中盤で息を整えて、最後600mはダンシングを織り交ぜて一気にいっちゃうと良さげ?

雲河原線のルートラボです


いつも通り、雲河原線を走ってきました。たくさんのサイクリストさんに抜かれています。

※途中で撃沈しているので、動画を一部編集しています。


森林管理道(林道) 雲河原線
距離2.5km
平均勾配:6.8%
路面状況:良い
交通量:少ない