DSC_1900
農家の庭先で田舎うどんを食べられる、そんなゆったりした時間を提供してくれるのが、「田舎うどん 八海山」です。お酒の銘柄が有名ですが、れっきとしたうどん屋さんなんですよ。
場所は、比企郡吉見町にあります。

場所はローソン吉見町江綱店の裏手あたりになります。埼玉県道345号線沿いには、
DSC_1882
こんな看板が出ているので、すんなり曲がりましょう。

新しいSkitchファイル
曲がるとすぐにこのような風景になりますが、右手が目的地のうどん屋さんです。

DSC_1884
営業時間は11時~13時30分までですが、うどんがなくなり次第閉店なので早めに足を運んだほうが良さげです。

DSC_1885
自転車はこのガレージに駐車できますよ~。

DSC_1904
サイクルラックも完備されていますが、常用されていないようなので、使う場合は奥から取り出します。

DSC_1892
農家の敷地に入って裏側がお店の入り口。外からはどこにうどん屋さんがあるのはわかりませんが、そんな隠れ家風味も良いですね。

DSC_1887
天気が良ければ庭先でうどんを食べられます~。今回、店内には他のお客さんがいたので、庭先で食べることにしてみました。
サイクルジャージが汗で濡れていると、「汗臭いかな?」と、ちょっと躊躇しますが、屋外であれば気兼ねなく食べられそうです。
ちなみに、店内にはテーブルと座敷もあるので、そこそこの人数を収容できると思います。

DSC_1889
メニューです。今回は、おすすめと言われた「あぶら味噌汁うどん(650円)」にしてみます。
このあたりでのスタンダードな食べ方、ざる盛りに具材が入っている熱い汁で食べるうどんですね。

DSC_1902
来ました~!美味しそう!

DSC_1898
足踏みをして一晩熟成させたうどんは、真っ白で綺麗です。

DSC_1899
そしてつけ汁も自家製味噌を使っているそうで、色からして濃厚そうですね。

DSC_1901
今回は、季節の野菜天ぷら(150円)もトッピングしてみました。天ぷらの具材はその季節で変わるそうです。

食べてみると、このあたりにありがちな固い武蔵野うどんという感じはしません。柔らかい、優しい感じのうどんで、かんたんに噛み切れます。
のどごしも良いので、するするっと入っていきます。
つけ汁も、見た目は濃厚ですが、少しだけピリリとした辛さのおかげで美味しく食べられますし、一緒にはいっている具材を食べるとボリュームバッチリですね。
今回は並盛りを頼みましたが、腹ペコサイクリストだと少し少なく感じるかもしれません。
大盛り(+100円)や、特盛り(+200円)で良いかもですね。特々盛り(+300円)はどんな量になることやら…。
しかし、他店のような大盛りすぎて後悔するような量にはならないと思います。

DSC_1903
屋外でのんびりと、うどんを食べるのも気持ちいいですね。平日水曜日も営業しているというのも良いです。
固いうどんが特徴の武蔵野うどんがちょっと得意ではない人や、のんびり食べたい人にオススメのお店です。


田舎うどん 八海山
サイクルラック:あり
営業時間:11:00~13:30(もしくはうどんが無くなるまで)
定休日:毎週日・月曜日