1-P9190026
入間郡越生(おごせ)町、黒山三滝方面まで県道61号線を南下(山のほうに向かいます)すると、T字路になります~。
右に行くと黒山三滝、左に行くと、今回紹介する「林道笹郷(ささごう)線」です。
この林道からは比較的容易に、奥武蔵グリーンラインへもアクセスできますよ~。

1-P9190028
林道笹郷線は、数件の民家が並ぶ先からスタートします。というよりも、すでに上っているんですが…。

1-P9190027
立派な岩のところに、林道起点標識がありますね!
緑のおにぎり看板はかわいいです。

1-P9190026
ちなみに横に流れる川は、越辺川ではありません。顔振川(かあぶり-がわ)です。
最近は「こうぶり」と呼ばれていますが、明治43年の地形図で「こうぶり」と呼ばれたのが最初みたい。
なお、西武鉄道が配布しているハイキングマップでは、顔振峠は「かあぶり」とふりがながふってあります。

クリップボード01
※参考 こんな感じ~(出展 顔振峠と明るい山村を歩く道:西武鉄道)

1-P9190029

この林道、最初のほうは斜度も10%超えでキツ目。そして路面状況もちょっと悪い感じがします。
前半は森林地帯を通るため、日陰が多く、コケも多いため注意。

そして…
1-P9190030
この鉄の橋は要注意です。通る部分も鉄なので、滑りやすいと思われます。
上りはまだいいですが、下りは要注意です!

鉄の橋をすぎると、また日陰の多い林道を走ります~。
1-P9190032
左側を見ると、お?なんかあります。
「笹郷林道開設記念碑」という石碑があります。

1-P9190034
まだまだ上っていきます~。斜度がキツイので、初心者は休み休み上って下さいね。

1-P9190036
このような風情のある道ですが、自動車が来るとちょっと怖い。
そして、両端はコケゾーン!苔の中には大量のクマムシが!(関係ない)

1-P9190039
1-P9190037
林道の左側には、唐突に「越辺川起点」があります。越辺(おっぺ)川は、おおよそ30kmの一級河川で、鞍掛橋や島田橋も越辺川にかかっています。
なお、源流はここではなく、諏訪神社の裏手にあるそうですが、本格的ハイキングになっちゃうため、ビンディングシューズではアクセスできません。そもそも自転車があったら邪魔になるような場所みたい。

1-P9190041
越辺川起点の下にも、綺麗な沢がありました~。
ここから先は、雰囲気ががらりとかわります。

1-P9190047
空が開けて、景色も楽しめるようになります。また、斜度もゆるくなったような気がします~。
のんびり走ると気持ちよさそうですね!

1-P9190048
左側のスペースにいきなり水道が出てきたら、ゴール間近の証!
これは奥武蔵ウルトラマラソンで給水所用の水道みたいです。普段から水が出るかは不明(試していません)ですが、奥武蔵ウルトラマラソン翌日は水が出ました。

1-P9190050
上に青看板標識が出てきたら、林道笹郷線はおしまいです~。上っても、奥武蔵グリーンラインに合流するだけで眺望はあまり望めません。眺望は、顔振茶屋までおあずけ?かも。

1-P9190052
突き当りを右手に行くと、顔振峠方面、左に行くと、鎌北湖やユガテにアクセスできます~。


クリップボード02
クリップボード03
林道笹郷線のコースプロフィールです。
前半キツ目ですが、後半もキツ目。だってトータルの平均斜度は9%近くあります。
ですが、前半よりも後半のほうが路面状況が良いため、楽に走れると思います。
約2.6kmだけ上れば奥武蔵グリーンラインにアクセスできるのもポイント。


林道笹郷線のルートラボです


例によってノロノロ運転で上ってきました~

今回は、説明に加えて写真も何枚か組み合わせてみました。

林道笹郷線
距離:約2.6km
平均勾配:約9%
路面状況:前半やや悪い、後半良好
交通量:ほぼ通らない