DSC_2182
今回は、いつもと趣向を変えて、10月11日(日)に開催する予定の「埼玉サイクリングフェスティバル 2015」ロングライドコース 見どころを紹介しようと思います~。
といっても、写真が多くなってしまったため、3回に分けて紹介しますね!
ちなみにこのイベント、ロングライドといっても約63kmしかないので、初心者でも頑張れば完走できちゃいます。

→その2は こちら 
(「武蔵丘陵森林公園」から「吉見観音」まで)

→その3は こちら
(「吉見観音」から「熊谷スポーツ文化公園」まで)



クリップボード01
今回紹介するのは、スタート地点の「熊谷スポーツ文化公園」から、「武蔵丘陵森林公園」までの間です。
(なお、途中の文殊寺は気づかずにスルーしてしまいました。ごめんなさい)

1-R4026121
では、「熊谷スポーツ文化公園」をスタートしますね~!

1-R4026122
スタートしたら、右に行きます。

1-R4026125
道なりに行くと、国道17号線にぶつかります~。
この国道17号はちょっとおもしろくて、深谷市内を通る道、バイパス、前橋方面に伸びる上武道路、全部国道17号線です。なので、土地勘のあまり無い人に「国道17号の~」と説明しても「??」となる可能性あり。

ちなみに、今回のコース上、国道17号は地下道があるため、安全に横断できます。

1-R4026127
しばらくは、農道のような平坦路を走ります~

1-R4026128
そして、左側に線路が出てきたら、これは「秩父鉄道」です。秩父鉄道は、羽生駅から三峰口駅までのおおよそ72km(貨物線を除く)となっています。
走っている電車は他の鉄道事業者から譲り受けた車両で、都営地下鉄や西武鉄道を走っていた電車が走っています~。

1-R4026129
なお、今回のコースではレンガ作りの陸橋をくぐります~。これは大正11年(1922年)の建築と言われていますので、今から93年前のレンガ建築ですね。

1-R4026130
秩父鉄道の陸橋をくぐると、続いて登場するのは新幹線です。
これは上越新幹線です~

1-R4026131
最後は踏切。これはJR東の高崎線です~。
グリーン車のある長い15両編成が通ります。

そうこうしていると、見えてくるのは土手です。
荒川までやってきました!

1-R4026132
1-R4026133
行きは土手上のサイクリングロード道ではなく、土手下を通ると思われます(ルートラボより)。
ここは桜の名所で、春には桜まつりも行われますが、今は落ち葉が多くなってきています~。

1-R4026134
熊谷桜堤の向かいにある荒川公園には、昭和13年製D51140号の蒸気機関車が展示されています。
サビサビなのがちょっと悲しい…
D型なので、動輪4つの貨物向けパワー車両、51型ということで、時速85km/hで走れたとのこと。

1-R4026135
さて、SLを過ぎるとほどなくして荒川を渡ります。国道407号の荒川大橋です~。

1-R4026137
昔の荒川大橋は、トラス式だったため、その一部が現在でも保存されています。

1-R4026138
すぐに歩道橋を渡ります。階段ではなく、自転車を押しやすい坂になっているのはありがたいです。

1-R4026140
歩道橋からは、良い景色が見られます。

1-R4026141
歩道橋をすぎると、しばらくはバイパス沿いを走るようになります~。

1-R4026148
しかし、いつの間にかバイパスの上を通過してみたり^^
ちなみにこの道は、「熊谷東松山有料道路」でした。2004年から無料開放されています。

1-R4026149
良い感じの道を走ってみる、なんて感じになります~

1-R4026152
旧有料道路沿いを走っていきます~。
左側は田園風景が楽しめます。

1-R4026154
この道祖神様を見かけると、森林公園はもうすぐです。
ここに来るまで、西ゲート前を通過していますが、土日は車が大変多いので注意です。なお、西ゲート近くに結構大きな段差があるので注意しましょう。

1-R4026155
1-R4026156
武蔵丘陵森林公園 南ゲートに到着しました~。

今回は、ここまでです。
次回は、「武蔵丘陵森林公園」から「吉見観音」まで紹介しますね!

※公開されているルートラボ沿いに走っているため、実際の走行ルートとは違う可能性があります。あらかじめご了承下さい

埼玉サイクリングフェスティバル2015