DSC_2585
荒川左岸(開平橋の下あたり)、初心者サイクリストだとちょっとわかりにくい場所にある、うどん屋さんが「川岸屋」です~。
店内に入ると、老夫婦が愛想よく対応してくれる、庶民的なお店ですよ。
ここからは「榎本牧場」へのアクセスも容易なため、都内からのサイクリストが良く来るそうです。「川岸屋」で食事して、「榎本牧場」でデザートなのでしょうね!


DSC_2586
DSC_2589
物干し台…ではなく、サイクルラックも2か所設置されています。店頭と、道を挟んだ駐車場にあります~。そのため、多人数サイクリングでも対応できるようになっています。
なお、土日などはこのサイクルラックがいっぱいになることもあります。

DSC_2587
さいたまクリテリウムの旗があるほか、あげおスマートサイクルフェスタでもチェックポイントになっているほど、サイクリストウェルカムなお店です。
ちなみに、場所が本当に川岸に近いため、過去数回浸水しているそうです。

DSC_2588
川岸屋から望む入間大橋開平橋です~。(修正しました。コメントありがとうございます)
目の前の道を右に行くと、榎本牧場へ行けます~。(サイクリングロード沿いに行ってくださいね)

DSC_2590
店内は昭和の雰囲気ただよう食堂そのもの。

DSC_2591
メニューです。うどんは手打ちだそうですし、個人的におすすめなのはもつ煮(400円)。710円で定食(ご飯、味噌汁、おしんこ)にもなります。

DSC_2595
ということで、今回は(ハンガーノックになりかけていたので)、かけうどん(400円)ともつ煮(400円)を注文しました。

DSC_2597
もつ煮は、少々もつ独特の臭みはあるものの、とても柔らかく煮込んであります。
「モツってゴムぽいよね」と思っている人は、ぜひ食べてみてください。めちゃくちゃ柔らかいですよ!

DSC_2596
うどんは、コシのないうどんです~。
山田うどんに近い感じがします。とにかく、全くコシはありませんが、逆にそれが新鮮です。コシ(固さ)の強い武蔵野うどんだと思って注文すると、びっくりすると思います。
なお、手打ちということで、手打ち独特な不揃いうどんで、汁は醤油ベースでとても美味しい汁です。

DSC_2593
DSC_2594
店内には、ブリジストンアンカーのサイン入りポスターがかかっています。自転車の聖地でもあります。


最近は上流方面からのサイクリストも増えているそうで、川岸屋目当てでサイクリングしているのかもしれませんね~。

川岸屋
サイクルラック:あり
営業時間:11:00(土日は10:30頃)~大体17:00から18:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、振替定休なし)