DSC_2526
坂戸市は、高麗川最下流にある冠水橋が、この「若宮橋」です~
この橋は、「島田橋」と同じ、木製の冠水橋(沈下橋)です。
しかし、老朽化が進んでしまったため、今年(2015年)10月下旬11月1日~2016年3月18日までの期間は架け替え工事のため通行止めとなります。
今回、通行止めになるまえに、足を運んでみました。

1-DSC_2513
越辺川沿いの管理道から、若宮橋を望みます~。
坂戸市は埼玉県ではそこそこの都市ですが、自然豊かな一面も持っています。

1-DSC_2514
工事の看板。再開通は3月19日ぽいので、その付近になったらまた来ようっと。

1-DSC_2515
若宮橋北部の土手沿いからは、ゆるいスロープ状の道を下ってアクセスします。

1-DSC_2516
管理は坂戸市です~。「島田橋」も坂戸の管理です。

1-DSC_2518
欄干沿いにある細長い鉄板は、木板を結束する役目がありますが、錆びまくっています。

1-DSC_2519
ところどころ補強した形跡もありますが、もう限界なんでしょうね。

1-DSC_2523
流木よけも壊れてしまっているものがあるほか、地面がえぐられているものもありました。
これは大水が来たら、今度は決壊しそうですね。

1-DSC_2524
訪れた日は大きな魚(フナかコイあたり)がゆうゆうと泳いでいる姿が見られました。

1-DSC_2525
若宮橋を斜めから見てみます。橋脚にも30cm丸太が利用されています~。
また、しばらく前の台風が影響しているのか、ゴミが多く引っかかっていますね。

1-DSC_2527
若宮橋の広さはこのぐらい。ロードバイク1台分ぐらいです。

1-DSC_2528
下から若宮橋を見てみます。この橋を支えているのは、古いレールだそうです。この時は確認できませんでしたが、ほかのブログによると、1920年製米国スチールトン社レールとのこと。

1-DSC_2531
綺麗だったので、もう1枚。夏場には地元の子どもたちが川遊びしていたこの場所も、秋になると静まり返っています。
そして冬場は、架け替え工事で騒がしくなるのでしょう。
流木よけが、若宮橋をしっかり守っているのも感じました。

1-DSC_2532
架けられた当時は真っ直ぐだっただろう若宮橋は、現在は曲がってしまっています。

10月下旬11月1日より工事とのことなので、ぼちぼち工事がスタートするものと思われます。
架けられた当時は綺麗だったこの橋も、老朽化によりボロボロになっています。来年春には綺麗な橋となっていることでしょう。
欲を言えば、レールや、橋脚に丸太といったコンセプトは継続して欲しいなぁと思います。

若宮橋