DSC_2714
荒川サイクリングロード(通称:荒サイ)を利用するサイクリストで賑わうジェラート屋さんが、榎本牧場にある直営ジェラート屋「フォルトゥーナ」です。
「榎本牧場」で通じる場所で、真冬でもサイクリストで賑わっている場所ですよ。

荒サイを走り始めた人にはちょっとわかりにくい場所ですが、1回アクセスすると覚えられます。
場所は、荒川サイクリングロード左岸 開平橋からサイクリングロード沿いに走るとあります。右岸経由では、入間大橋から上流に向かって走り、右に曲がります(最後にガイド動画を掲載しておきますね)。

DSC_1912
DSC_1911
榎本牧場には大きなサイクルラックがあるのですが、土日にはここに置けずに土手に直接置く場合もあります。(撮影は平日のため空いています)
なお、過去にここで自転車盗難があったので、大丈夫だろうなと思っても施錠しましょう。

DSC_1913
DSC_1914
榎本牧場撮影スポット。味のある看板がかわいいですね。

DSC_1915
自販機もあり、ドリンク補給も可能です~。また、テーブルでまったり休憩もできます。

DSC_1921
DSC_1922
DSC_1923
DSC_1927
DSC_1931
IMAG0029
IMAG0039
牧場なので、牛、ロバ、ぶた、鶏など飼育されています。
牛舎に入ると、仔牛も見られますよ。
また、今回は撮影していませんが、搾乳ロボットも活躍しています。この搾乳ロボットシステムは農林水産省でも紹介されています。

ぶたはペットとして飼われているようで、まれに子豚の販売も行われています。

DSC_1935
2014年に建て替えられたジェラートショップは「フォルトゥーナ」といい、9時30分~17時まで営業しています。
平日は空いていますが、土日ともなれば、長蛇の列ができます。

DSC_1937
ジェラートの種類は、平日ではそれほど多くありません。しかし、土日はどれを選べばいいのかわからないぐらい多種多様なジェラートが並びます。なお、14時以降は売り切れが多くなるため、ジェラートを選びたい場合は昼過ぎまでに行くと良いです。

DSC_2718
ジェラートは最近価格改定していて、少し高くなりました。
シングル:324円(税込み)コーン or カップ
ダブル:432円(税込み)コーンのみ
です。前は種類によって価格が変わりましたが、それはなくなりました。

DSC_1940
買ったジェラートは、屋内でも食べられますので、暑い日や寒い日は屋内で食べると良いですね!
牧場独特の香ばしいかおりも、屋内であればしません。

DSC_1938
DSC_1939
ジェラート以外にも、ヨーグルトなど販売しています。
期間限定ではアップルパイや、ココアなどもいただけますし、お餅も食べられます(今冬は不明)。

DSC_1942
ジェラート屋前の広場には遊戯があり、土日は子どもさんが突進してきます。

都内からアクセスすると、ほどよい距離や、大型サイクルラックがある、サイクリストが多く来るということで、荒サイではサイクリストの聖地として有名です。
しかし、土地勘の無い人にはちょっと足を運びにくい場所にあるのも事実。そこで、荒サイ右岸から来た場合のガイド動画を作成しました。

榎本牧場に行くにはいくつかルートがありますが、初心者向けにはもっとも簡単かつ安全と思われるルートです。※下流側から来た場合を想定しています。
(左岸から来る場合は、道幅狭い&ブラインドコーナーや鋭角コーナーがあります)


初心者サイクリストにも人気のスポットなので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね~。

そうそう、隣にある墓地の入り口には猫がいっぱい居ますよ。
DSC_1948


榎本牧場
サイクルラック:あり
営業時間:9:30~17:00
定休日:
1月~3月 毎週水曜日(と年末年始)
4月~12月 定休日なし
榎本牧場ホームページ http://www.enoboku.com/