DSC_2977
いろいろな場所に大盛りのお店がありますよね。例えば、久喜市にはとんでもない量のそばが出てくるお店や、入間でも盛りの激しいお店が有名です。
東松山にある、今回紹介するお店はそこまで激しい盛りではありませんが、なかなかの大盛り具合なお店です〜。

DSC_2961
お店の名前は「恵比須屋食堂」です。関越道 東松山インターチェンジの近くにあり、えびすさんの絵が特徴です。
まるで、某ビールの絵にも見えなくもないですが、ベースの神様が一緒なのでそうなのでしょう。
お店の漢字は、恵比寿ではなく、最後の文字が「須」です。恵比寿も、恵比須も、どちらもえびす様を指しています。

DSC_2960
駐車場は10台以上停められます。(サイクリスト的には)残念ながら、サイクルラックはありませんでした。

DSC_2962
店内は、広々していて、清潔感があります。レストランのような作りですね。

DSC_2963
恵比須屋食堂の売りは、四元豚(よんげんとん)という豚のとんかつだそうです。

DSC_2964
DSC_2965
DSC_2967
メニューです〜。食堂だけあって、カレー、ラーメン、丼もの、定食といろいろ揃えています。
高いものでも1000円台前半なので、比較的リーズナブルなお店と言えそうですね。
特に、四元豚のカツ丼もそれほど高くない料金で食べられます。
定食メニュー、なんだかコロッケ率高いですね〜。

今回は、恵比須カツ丼(1099円)をチョイスしてみました〜。
そして待つこと少し。

DSC_2975
あら〜来ました!ソースカツ丼の「恵比須カツ丼」ですね。
カツがそれぞれを支えあって、自立しています。

DSC_2977
私のiPhone 6 Plusと比較してみました。
下からの比較ですが、標高158mm以上ありそうです(iPhone 6 Plusの高さは158.1mm)。
獲得標高、高そう〜。

DSC_2978
当然ながら、そのままでは下のご飯が食べられないので取り皿がついてきます。
カツをまずはそこに退避させたうえでご飯を食べましょうというスタイル。

DSC_2981
カツの厚みはおおよそ2cmはあります。厚いカツの場合、まれに肉が固い場合がありますが、ここのカツは柔らかくて美味しいです〜。
しかし、ややソースの味が強いかな、と。
濃い味好きには良さそうですね。

DSC_2982
カツだけを積み上げると、それはそれでタワーになります。
カツのみで、お腹いっぱいになります。
240gのカツを2枚、それぞれ切って盛りつけてあります。つまり、カツだけで480g。
カロリーは…計算したくありません。

食堂というよりも、レストラン風のお店でした。
ロングライドの途中にガッツリ食べたいときに良さそうですね。
サイクルラックは無いので、自転車の見える窓際に座るのが良さそう。
なお、11時〜23時まで開いていますので、お昼タイムを過ぎてしまった場合も助かります。

恵比須屋食堂
サイクルラック:なし
営業時間:11:00〜23:00
定休日:なし